06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : ナポリ生活

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.12.19 *Sun*

ナポリ炎上

こないだ、ナポリのチェントロを歩いていると、尋常ならぬ風景が目に飛び込んできました。
ナポリのゴミ問題はすでに世界中が知っていることですが…それにしてもこの惨状。↓
napolifuoco1

これだけだったらそんなに驚かないんですが…いや、これが日本だったら驚きますけどね、いかんせんここはナポリですから。
ゴミ問題が特に騒がれてた頃なんて、道路の半分がゴミで埋まってたことありますからね…。
今もゴミの山を見るのは珍しくないですけど、冬でよかった…。暑い日なんて臭って臭ってたまりません。

話を元に戻しますと…何かあったのかなあと思わせたのは、この惨状を見つめている警官の大群がいたため。↓
napolifuoco2

見えるでしょうか、青い車が警察の車です。

でも、まあ写真見てもわかるように、普通にバイクとかも通行してるので、私もとりあえず歩いていくと…。↓

napolifuoco3

ええ?炎上!?
周りを囲んでる人の数からすると、起こったばかりというわけではなさそうでしたが、見てのとおりまだ鎮火しておらず、煙がモワモワ、風に乗ってゴミがフワフワ…。↓

napolifuoco4

すぐ前のBarの店員さんが外に出て状況を腕組みしながら見ていたので、何があったのか聞いてみると、
「ストライキだ。狂ったやつが火を付けてった」
とのこと。
え?なんのストライキ?
いろいろ聞いてみましたが、彼らもよくは知らないようで、
「そんなに心配してるけど、どこに行きたいんだ?」
と逆に心配されました…。

いや、どこにも行きたくないですよ…。特にその火が燃えてる近くには…。

今日のメニューはPizzette al pomodoro(揚げピッツァ トマトソースのせ)
ちっちゃいピザだと、おやつ感覚で食べられますw

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(3) *  TB(3) *  EDIT * ▲TOP

2010.12.17 *Fri*

夫の滞在許可証

私の夫も、イタリアにいるのでもちろん滞在許可証というものを所持しています。
当然、既に期限切れですが。
私の今回の滞在許可証取得については書きましたので、今回は夫の滞在許可証について。

私の滞在許可証取得までの道のりも長かったですが、夫はそれ以上でした。
よく、家族ビザとか言いますが、ビザとるのって簡単じゃないんですよね。
イタリアに入国するにあたり、一番簡単なのは3ヶ月以内の観光ビザ(現在はビザは必要ありませんが)と就学ビザ。
就学ビザも、まあそれなりに必要書類があったり手続きがあったりと面倒ですが、大学や語学学校なら比較的簡単に出ると思います。
就労ビザは…もう書く気も起きないほど面倒ですが。

で、家族ビザというのは、労働ビザを持っている人などの家族に適用されるわけですが、ビザを発行してもらうとなるとまず「家族呼び出し」のための許可証を申請し、審査に通り、ビザ発給となるので、かなりの時間がかかるわけです。
最初から家族も同伴することがわかっていれば、働く本人の労働ビザを申請するときに一緒に申請できるものなのですが、私の場合は勤務先(学校側)がそれをしてくれませんでした…。
学校の担当者がこういうことについて熟知していなかったってのもあると思うのですが、ちょっと気の利いた、経験のある雇い主ならこれをやってくれるのかもしれません。
実際、大使館でも入国管理局でもそう言われました。
どちらにせよ、この家族呼び出し(家族ビザ)が発行されるには、労働ビザの申請から発行までと同じ年月がかかると言われ、半年以上日本で待たされた私は早々にあきらめました。

それでどうしたかといえば、夫は観光目的ということで入国し、その後家族のための滞在許可証への切り替え、という申請を行ったわけです。
この切り替えという申請の場合、必要書類がわずらわしいほど多くて、しかもそのうちの1つが、当時どこで申請・発行するものかも決まっていないという意味不明な状況でした。
結局、夫の場合は申請後、Questura(警察)に必要書類をすべて提出できたのは入国してから8ヶ月経過してから。

ただし、結局は「家族ビザ」なので、滞在許可証の元・つまり私の滞在許可証が切れれば、同じ日に夫の滞在許可証も切れてしまうわけです。
申請が遅れても、期限は一緒との記載が。

ということで、期限切れの滞在許可証を受け取った私は焦りました。
何せ、彼の滞在許可証は、ネット上で確認してもまだできていない状態。
ただ、気になることがひとつ…。
このネット上で番号を入力して、現在の状況がわかるこのシステム、実は入力する番号が2種類あるのです。
1つは、引き換え番号というのか、とにかく警察でもらう番号。普通はこちらの番号でいろいろ照合するようです。
そしてもう1つは、申請時に郵便局で渡される半券の番号。
夫の場合、警察でもらった番号で検索するとまだできていないという結果なのですが、半券の番号を入力するともうできているという結果が。
けれど、私の時と同じようにSMSで予約を取ろうとしても、まだできていないという返信。

とは言っても、前回のオリジナルが手元にないのに更新をするというのも考えてみればおかしな話なので、私の期限切れの滞在許可証とあらゆる書類をもって警察へ。
すでに私の滞在許可証を手に窓口へ行ったので、警察の人も親切に応対してくれたのですが…ここでありえないことが発覚。
なんと、
予約番号が違ってる…。
そんなことってあっていいのか?
これじゃ、窓口に来なきゃ解決できないわけだ…。いくら待ってても無駄ってことね…。

結局、受付の警察の人が中にいる同僚かなんかとすぐに連絡を取ってくれ、新しい番号とともに受取日も予約してくれましたが…。
呆れてものが言えないどころか、笑いが出そうです。

今日のメニューはPollo in umido(鶏の煮込み)
写真のできばえはあまりよくないのですけど…。
こういうシンプルな料理って好きです。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(2) *  TB(2) *  EDIT * ▲TOP

2010.11.22 *Mon*

ナポリ人にとっての日本人

現在引越し中なのですが、地域が変われば利用する店なども変わるので、いろいろな人たちと話したり知り合うチャンスが増えます。
アジア人と見ると、かなりの割合のナポリ人が興味を示してくるのですが、いい場合と悪い場合は半々くらいでしょうか。いや、悪いほうが多いかな。
特に、(一部の)子どもたちはマナーが悪い。
彼らの中では、日本人、韓国人、中国人は基本的に全部中国人なので、
「おい、中国人!」
と呼ばれたり、
「中国中国中国…」
などとずっと繰り返されたりするのも珍しくありません。
こういうとき、明らかに私のことだけど、振り向くべきか振り向かないべきか悩みます。
しつこい場合には振り向かざるを得ないのですけど…。

大人になると、さすがにそういう人は少ないけど(でもいる!)、大人でもアジア諸国・アジア人の違いがわかる人って少ないらしく(見た目だけじゃなくて)、え?と思うような質問とかを投げかけてきたりします。
例えば、今の大家さんには、しょっぱな
「日本人と中国人って何が違うの?」
と聞かれました。
いや、そこまで大ざっぱな質問をされるとなんて返したらいいのか。。。
いろいろ違うよー国も違うし、話す言葉も違うし…私たちは外見だけでも大体日本人か中国人かわかるけど…と言ったら、
「そうなんだ。全く同じだと思ってた」

…やっぱり、彼らにとってはアジアって遠いのかなあと思うのはこういうときでしょうか。

こないだは、
「日本と中国ってどっちが大きいんだっけ(大陸が)?」
と聞かれたし。

それから、とりあえず自分が知っている「日本」について話したい、っていう人が多いんですが、半分くらいは認識がずれていたり…。
「日本は電化製品、テクノロジーがすごいよな。例えば、NOKIAとか」
…フィンランドのメーカーですけど。。。
「ああ、じゃああれだ、Samsungか」
…韓国ですー!
「最近よく見るLGってのがそうか!」
…それも韓国ですよ?
「えーと、じゃー…(ちょっと焦っている)オンダだ、オンダ!(イタリア人はホンダと言えない)」
…当たってるけど、電化製品というか、自動車とかバイクですよね…?
「やっぱりな…(してやったり、みたいな満足顔)
…ところでナポリはどうだ?

…結局ナポリについて話したいのかしら?
こういう時、私ってやっぱり日本人。
「嫌いです」
とは絶対言えないんですよね…。
いや、いいところだってありますけどね…。

でも、家が変わり地域も変わったので、また新しいナポリを発見できるかも…と密かに期待しています。
今までは実はかなりコアなところに住んでいたので…。

今日のメニューはGelato di albicocca(あんずのジェラート)
もうジェラートが恋しい季節ではないんですが。コレ、実は夏に夫が作ったんです。
ナポリではあんまりおいしいジェラート屋を見つけられなかったので、夫は家でずいぶんたくさんジェラートを作ってくれました。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(6) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.11.11 *Thu*

救急病院

実は、最近Pronto soccorso(救急病院)のお世話になりました。
3日前ほど、授業が帰って夕方家に帰ってから、なんとなく足首に違和感を感じていました。
少し心配だったので、次の日はヒールのない靴を履いて出勤しました。
痛みはあったのですが、ひょこひょこ歩くのもおかしいので、なるべく目立たないように足をかばいながら歩いていました。
夜、家に着いて、座ってお茶でも飲みながら一息ついて、さて、と立ちあがったら、
ズキーン
と、痛みが…。

とりあえず、足の状態を見てみると、ちょっと熱くなっていて目立たないけれど少し腫れているような…?
いろいろと指で押してみて、どこが痛いのか確認してみると、アキレス腱あたりが特に痛いようでした。
初めての症状なので、ネットで調べてみると、アキレス腱の痛みには炎症や破損などがあるようですが、原因は運動のしすぎとか、普段運動していない人が突然スポーツをして発症するとのこと。
ここ最近、アパート探しで確かにちょっと歩いてはいますが、特筆するほどのことではなく、自分には当てはまりそうにもありません。
あえて原因があるとすれば、ちょっと足をひねったこと。
石畳のヨーロッパ、しかも道の状態が決していいとは言えないナポリですから、特にヒールのある靴では溝にはまることもしばしば。
私はヒールの靴は少ないのですが、3,4日前、ヒールのある靴(といっても3センチくらいですが)を履いていて、溝にはまってちょっと変な風に足をひねったのです。
そのときには全く問題なかったし、そういうことは実はしょっちゅうあったので、特に気にしていませんでした。

とにかく、しかたないので、その夜は筋肉痛を和らげるクリームのようなものを塗って寝ることに。
しかし…
あまりの痛さに目が覚めて、明け方4時くらいから眠れず…。
そのままでも痛い上に、ちょっとでも足に触れると激痛が。
どんな体勢になっても痛くてたまらないので、ついには夫を起こしてしまいました。

さて、夫を起こしては見たものの、こういう時どうしたらいいのか、どこへ行ったらいいか悩む私たち…。
一応、ホームドクターというのでしょうか、登録してあるお医者さんはいるのですが、おそらく内科のみ。
接骨院とか整形外科とか、とにかく外科系にはお世話になったことがないし…。
この時間じゃ、誰も起きてないし…。
ということで、思い出したのがPronto soccorso(救急病院)。日本なら、救急車で運ばれるところでしょうか。
でも、救急車を呼ぶっってのも、なんとなく躊躇してしまう私たち。
確かに歩けないけど、急病って言われるとそういうわけでもないし…。
幸い、いろいろとやっているうちにバスが運行する時間になっていたので、近くのバス停まで夫におぶってもらって病院へ。

実は、この救急病院、お世話になるのは2回目でして。
何度か来たことがあったので、勝手知ったる…でした。
さすがに早朝だけあって、病院はガラガラ。
おぶわれてる私を見て、
「お、急患だ、急患だ」
ってな感じで車椅子を持ってきてくれて、処置室へ連れて行ってもらいました。
「どうしたんだ」
と聞かれて症状を説明するも、あまりにもいろいろな人がいて口々に同じ質問をしてくるので、どの人がお医者さまなのかわかりません。
そうしているうちに、白衣を着た若い男のお医者さんが登場。
とりあえず、診察台で患部を診てもらい、診察書というんでしょうか、を書いてもらいました。
身分証明書を渡して先生がそれを記入し、薬の処方箋もメモしてくれたあと、私がサインして終了。
救急病院のいいところは、早くてタダなところ。

その後、またおぶわれている私を見て、病院の職員の人が、
「どこへ行くんだ?」
と声をかけてくれました。
方向が同じなら、もう上がりの時間なので車で乗せていってくれようとしたみたいです。
残念ながら反対方向だったのですが、こういうときにはナポリの人の優しさって胸にじんと染み渡ります…。

足のほうは、おそらくアキレス腱の炎症か何かだったようで(紙に書いてもらったのですが、手書きだったために読めませんでした…)、4,5日薬を飲んで氷で冷やして安静にしていれば大丈夫だと言われました。

今日のメニューはPasticcio di mozzarella e acciughe(モッツァレッラとアンチョビのオーブン焼き)
コレ、クレープみたいな感じなんですが、それとはまた違って、すごく美味しかったです。
アンチョビがちょっと生臭いですけど。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.10.13 *Wed*

Permesso di soggiorno(滞在許可証)

イタリアに住んでいて、もっともいやなこと、そして絶対に避けては通れないこの滞在許可証。
就学ビザでイタリアに住んでいたときも常に悩まされていましたが、完全に合法で入国して働いているにも関わらず、今も頭を抱える問題のひとつです。
イタリア居住経験のない方はもしかするとぴんとこないかもしれないので、少しご説明を…。
イタリアに入国するには、まずヴィザが必要。3ヶ月未満なら、観光ビザということで、特にビザの発行手続きは必要ありませんが。
入国してから、イタリアに滞在するためには、滞在許可証というものが必要になってきます。

ちなみに、ナポリで働くまでの辛い思い出手続きについては、当ブログで以前まとめたものがあるので、似たような状況の方などのご参考になれば。

さて、この滞在許可証というのが、面倒で時間がかかる上に、各種手続きの際にはすごい数の人々が延々と並ぶところに参加しなければならないという憂鬱さ。
手続き自体は、
①郵便局でキットをもらう
②必要事項を記入・必要書類をローマの入国管理局(だと思う)に送付
③半月後くらいに、住んでいる地域のQuestura(警察)で写真の提出、書類の確認、指紋の押印(現在は、日時はキット送付時に自動的に決定される)
④引換証をもらい、オリジナルの滞在許可証ができるのを待つ

ですが…私はいろいろな事情で、入国後、実に2ヶ月近く経ってこの申請が完了したのですが、申請後半年経っても9ヶ月経っても何の連絡もなし…。
現在は、ネット上で現在の状況をチェックすることもできますし、SMS(携帯のショートメールみたいなもの)で自分の受付番号を送ると、滞在許可証ができていれば受け取りの日にちが送られてくることになっているのですが…。
SMSを何度送っても音沙汰なし。ネット上ではできているはずなのに。
よくあることだし…と悠長に構えていたのですが、さすがに心配になって問い合わせに行ったところ、なんと
電話番号が変わってる!?
ショックを受けつつ、気を取り直してその場でメールを送信。
しかし、受け取り日などは記載されておらず、「滞在許可書の期限が切れる日に来られたし」のような文が。
SMSの文面を見せながら、これはいったいどういうことでしょう、ネット上ではもうできてるはずなんですが?と問い詰めてみると、
「ああ、これはまだできてないってことですね」
と笑顔。
「もうちょっと待ちましょう」
と言われ、そのまま夏休みへ突入。
日本への一時滞在の後、何度も送ってみるも、変化なし。

ある日、外国人のための駆け込み寺のような場所を紹介され、そこで滞在許可証の更新についての質問をしに行った私たち。
まだオリジナルが届いていないと言うと、そんなバカな、と一笑に付され、違う方法でもう一度SMSを送りなおすことに。
※ちなみに、駆け込み寺の彼女も間違った電話番号に送ったため、あとで結局自分でやり直すことになった。

その、駆け込み寺の彼女自信満々の方法でSMSを送付すると、返ってきた回答には、
「解読不能」
…ちょっとー!

結局、再々々…度(大げさ)行った警察で、しつこいほどへばりついて、やっと受け取りの予約が完了できたのでした。
けれど…先週のことですが、いざ受け取りに行ってオリジナルを見てみると、

有効期限 2010年8月30日

過ぎてるー!!

更新手続きは、この有効期限から2ヶ月間の猶予が設けられてはいるのですが…意図せずぎりぎりに。
まあ、この猶予期間内にもらえただけでもよかったと思わなければやってられませんが…。

ちなみに、同じく滞在許可証を受け取りに来た、私の前の前に並んでいた東欧出身の女性は、無事滞在許可証を受け取ると、
「神様ありがとう」
と言っていました。

そして、その気持ちがわからなくもないと感じた自分を思い、また日本が恋しくなりました。

今日のメニューはPatate al cappero(ジャガイモケイパー風味)
ジャガイモはすごく好きなんですが、ケイパーは端によけてます。
付けあわせって、本当にジャガイモ多いんですよね。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(8) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。