09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : イタリア旅行

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.11.04 *Thu*

飛行機に預ける荷物への配慮

海外旅行へ行くときって、空港で預ける荷物に少なからず不安ってあるものですよね?
私が初めて海外へ行ったのはヨーロッパ(ドイツ)だったのですが、スーツケースを紛失したらどうしよう、間違えられたらどうしようと必要以上に心配したものでした。
すぐに見つけられるように、当時はあまり見かけない色(オレンジ)を選び(シルバー・紺・黒などは多いので見分けにくいとアドバイスされていた)、毛糸で作ったバラを目印にくくりつけ…。
開けられる場合があると言われたため、鍵はもちろんのこと、ベルトをしっかり付け…。
紛失したり壊されたりしたときのために、しっかり保険に入り…。
幸運にも、私はスーツケースがなくなったことも、壊れたこともないのですが、それをいいことに今では全くのノーガード…。
バッグはよくあるシルバーや黒だし、たまに鍵をかけるのを忘れている…。
ベルトなんてないし、保険には未加入…。

ただ、私の周りではよく預けた荷物の被害にあってる人がいるんですね。
イタリアに遊びに来た友達のスーツケースは北欧のどこかで紛失し、3、4日届かなかったし、ナポリに留学できた日本人学生グループの半分のスーツケースは1週間近くも未発見。
どちらも滞在先をあまり変えなかったので無事滞在中に荷物は取り戻せたけれど…。
ペルージャのレストランで働いていたときに店に来た日本人観光客の女性は、イタリアの主要都市を縦断旅行していたそうですが、最後までスーツケースを取り戻せずに翌日日本に帰ると言っていました。

さて、前置きは長くなりましたが、イタリアの空港ではよくこんなふうな荷物を持っている人たちを見かけます。↓
aero4

簡単に言えば、サランラップみたいなやつで荷物をぐるぐるに巻くんですね。

aero3 aero2

ローマの空港ではいくつかこういうサービスをしているところがあって、2~4人くらいのスタッフがてきぱきとパッキングしていきます。

aero1

もしかしたら日本でもこういうサービスってあるのかもしれないけれど、私はイタリアで初めて見ました。
すごくぐるぐる巻くので、開けられることもないし、手荒に扱われてもダメージを受けにくそうです。
コレ、けっこうみんな利用しているんですよね。
私のイタリア人の友達が日本に来たときも、荷物をこれでぐるんぐるんに巻いて成田に降り立ちました。
(その後、ホテルに行ってから荷解きをしたんですが、すっごく時間がかかった上にゴミが大きいゴミ袋がいっぱいになるくらい出ました…)

実は私も一度コレを利用したことがありました。
荷物を預けたあと、うっかりと液体を手荷物に入れていたことを思い出して。
当時、ちょうど?液体を機内に持ち込むことについて規制が厳しくなって間もなかったような気がします。
とにかく、手荷物にいくつかワインやらバルサミコやらを入れてまして。(液体は重いので、追加料金を取られるのも怖かったし、その対策でもあったんですね)
ゲートに並んでいて、まずい、と気づいたんです。
でも、まさかふにゃふにゃのバッグにワインのボトルなんかを入れるわけにもいかないし、チェックインのカウンターで相談したところ、ダンボールを1箱くれました。
でも、けっこう大きかったので、やっぱり割れるのが心配だったため、このサービスを利用したわけです。
まだパッキングさえしていなかったので、ボトルなども全部このラップで厳重に巻いてくれました。
ただ、お値段は予想よりは高かった…かな?
よく覚えてないんですが、材料を使った量によって値段が決まるみたいで。日本円で1000円~1500円くらいだった気がします。
まあ、これを郵送することを考えれば、安く上がったんですが。

それにしても、預ける荷物を後から追加しましたが、全然何も言われず受理してもらえました。
一応、航空会社によっても違いますが、確か一人20kgまでと決まっていたはずなんですが。
まあ、私もそのときは一人だったので、全部合わせても20kgあったかどうかわかりませんが…この手でいけば、追加料金も取られずにいっぱい預けられるかも…と考えてみたりして。
まあ、これも、イタリアという土地柄、ゆるかったのかもしれませんが。

今日のメニューはPizzette ai frutti di mare(海の幸のちっちゃなピッツァ)
ムール貝って、なんとなく前菜かパスタかなあってイメージですが、ピザにのせても美味しかったです。また、しらすがけっこういい仕事してました。
祝!100皿目のレシピです★

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.07.15 *Thu*

Ravello(ラベッロ)~その弐~

ラベッロの中心の広場からは、きれいな場所やスポットもたくさんあります。

こんな小道とか、↓
ravello2

ヴィラに続く道も素敵です。↓
ravello6

この門の先はこんな感じになっていて、↓
ravello7

この日はここで音楽祭のイベントをやっていました。

さらに進むと、別の側からもいい景色が拝めます。↓
ravello8

少しのどが渇いたので、フラッペを飲みながら、少し町を散策しました。

ravello10

陶器などのお店も多く、可愛らしいお土産品も見つかりそうです。↓
ravello9

今日のメニューはFrittata di bianchetti(しらすの卵焼き)
日本の食卓にも並びそうな一品です。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.07.12 *Mon*

Ravello(ラベッロ)

バイクでポジターノを通過してしまった私たちは、アマルフィの市街をさらに越え、先にRavello(ラベッロ)というアマルフィの上の方にある町へ行くことに。
アマルフィの中心から坂道をぐーっとどんどん上に上って行くと、途中で信号が。
もちろん、山道ですから、交差点があるわけではありません。
しかしその信号は突如現れ、そして赤。
とりあえず止まってみる私たち。
…ですが、一向に変わらず。
対向車もあまりなく、信号も変わる気配なし…。
そうこうしているうちに、後ろはみるみるうちに車の列ができていました。
どうする?行っていいのかな??と二人で話しているうちに、後ろから来たバイクがいともかんたんにそこを通過。
確かに、ナポリってバイクには車の交通規則が通用していないようなところがある…。
普通の交差点で信号が赤でも、バイクは止まらず突っ込んでくるし…。

なので、私たちも彼らに続いて果敢に進んでみました。
すると、少し行くと道が狭くなり…かなり怖い感じに。
あ、これは確かに向こうから来たらやばいな、と思いました。
見通しも悪いし…。

さて、上に上って行くと、車やバイクが止まっているところがあったので、私たちもそこに止めてチェントロ(中心)へ行くことに。
ラベッロの街は、こんな感じ。カプリ島をちょっと庶民的にした感じかな。↓
ravello1

細い道があって、左右に店が並んでいるようなところです。

ここが、てっぺんのひらけた広場。↓
ravello3

教会があって、オープンテラスでご婦人らがお茶を楽しんでます。↓
ravello5

ここから見える景色はこんな感じ。↓
ravello4

次回に続く。。。

今日のメニューはBigne' di patate(ジャガイモのシュー)
メニューの名前にシューとか入ってると、とても惹きつけられるのは何ででしょう?
実際のお味もgoodでしたが。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.07.09 *Fri*

エメラルドの洞窟へ

さてさて、バイクでの海岸沿いの小旅行がスタートしたわけですが、いかんせん、山道、崖沿いというコース。
気持ちいいのですが、ちょっと怖い…。
前回アマルフィへ行ったときのブログでも紹介したのですが、ぐるぐると絶壁をめぐるコース。しかも、ソレントからアマルフィまでは1時間~2時間。
車(バス)だったら、かなりの確率で酔うであろうことが予測されており、酔う体質である夫はどうしてもバスでの旅行を嫌がったのでした。

幸い、このコースは交通量は多くなく、こちら側の通行者はほぼゼロ。
ただし、対向車&対向バイクは9割の確率でセンターラインを越えてダイナミックに走行。
前回、このあたりの写真はカメラに収めたので、今回はアクションカメラマンのごとくビデオを回しながらの旅となりました。
さて、ソレントから出発してポジターノ、アマルフィ、ラベッロという順番で回ろうと考えていた私たちでしたが、ポジターノの中心がどこだかわからず通過。
お、そろそ街っぽいね~などと言いながら気を付けてはいたのですが、ここかな、いやもう少し先かも、と思っているうちに、気づいたら後ろの方に街らしき風景が。
まあ、帰りに寄ればいいかということになり、先へ進むことに。

ところで、ポジターノからアマルフィの中心までに、エメラルドの洞窟という見どころがありまして、前回はバス旅行だったこともあり行けなかったのですが、今回は行ってみようということになりました。
走って行くと、左側の壁に案内が出て、右側に入口が。↓
smeraldo1

階段を下りていくと、何人か人がいて、その人たちから切符を購入。一人5ユーロ。
そこからさらにエレベーターで下に降りると、こんな場所に出ます。↓
smeraldo7

絶壁の下、という感じです。
海もすぐ近くに見えます。↓
smeraldo5

入口はここ。↓
smeraldo6

洞窟の中に入ると、私たちの他にも何人か観光客の人たちがいて、8人くらいでボートに乗りこみます。
一つのボートに一人ガイドの人が乗り、その人がボートを漕ぎながら色々な説明をしてくれるのですが、イタリア語と英語と、日本語の単語(のみ)を連発。
「男の子~、女の子~、すごいねー!」。。。知ってる単語、並べただけ…?

洞窟内自体はそんなに広くないのですが、エメラルドの洞窟と言われるだけあって、水がエメラルドに輝くポイントが。↓
smeraldo3

ガイドさんがオールで水をかくと、いっそうエメラルドの色が際立ちます。

そして、入口付近の海中には、マリア像などの像が置かれていて、光の加減でそれがボーっと白く浮き上がります。↓
smeraldo4

カプリ島の青の洞窟にいまだ入れていない私たちだったので、このエメラルドの洞窟に来れたのはもうけもの?でした。

帰りにはもう一つの方の出口?から出ましたが、花が咲いていてきれいでした。↓
smeraldo2

今日のメニューはPolpettone con salsiccia(ソーセージを使った大きな肉団子)
大きな肉団子…ってネーミングおかしいですが、なかなか美味しい一品でした。詰め物の肉料理です。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2010.07.04 *Sun*

イタリア、バイクでの旅

昨日、夫と日帰りで小旅行をしてきました。
私は前回、友人が来た際にアマルフィへ行ったことがあるのですが、夫はまだ行ったことがなかったので、アマルフィに行くことに。
それに、友人とは私もアマルフィの街へは行ったのですが、ポジターノやラベッロなどの周辺の街は散策していなかったので、ナポリにいるうちに一度行ってみたいと思っていました。

前回は、鉄道でソレントまで行き、それからアマルフィまでバスというコースを取った私たち。
でも、南イタリア全体に言えることですが、こういう公共の乗り物って本当に時間がかかる。
時間がかかると言うか、時間を有効に使えないなとうんざりすることが多いのです。
時間通りに発車しないし、ストライキなんかもあるし、第一、すべての公共交通機関の本数が少ない。
それで、今回はバイクをレンタルしてあのあたり一帯をまわることに。
これは、前々から夫が同僚から勧められていたコースでもありました。

ただ、バイクを借りるとなると、いろいろ心配なことが。
まず、私はこちらでの免許証を持っていません。
夫は国際免許証を持っているので、当然バイクとなれば、二人乗りの旅ということに。
しかし、日本だと、バイクの二人乗りをするには50cc以上じゃなければなりません。
そして、50cc以上のバイクに乗るには、中型のバイクの免許が最低でも必要…。
確かに、ナポリでは、50ccのバイクでの二人乗りはもはや日常。
二人乗りどころか、三人乗り、四人乗りもしょっちゅう見るこの町は、ヨーロッパながら東南アジアのような雰囲気があります。
とはいっても、私たちは外国人。非合法なことやトラブルは絶対に避けたいところ。
なので、事前に電話をして聞いてみると…。

バイクの二人乗りは125cc以上でないとダメ。
しかし、車の免許があれば、125ccは問題なく乗れる。
国際免許証があれば、レンタル可能。

ということがわかりました。
実際に行って聞いてみると、国際免許証ではなく自分の国の免許でもいい、と言われましたが…この辺はちょっと信用できません。彼らが良くても、捕まったときがコワイ。

さて、レンタルバイクは問題なさそうだということがわかったので、レンタル屋が開店する時間(9時)より少し前に着くようにソレントへ着いた私たち。
しかし、125ccのバイクは11時にならないとないと言われ、とりあえず10ユーロ置いてバイクを予約し、がっくりしながらもソレントの街を散策することに。

指定された11時15分に(最初は11時ならOKと言われたのに、約束はなぜか15分遅れになっていた)お店へ行くと、既にバイクの準備はできている様子。
しかし、色々書類を記入していくうちに、またしても問題が。
万が一の時のために、クレジットカードの番号が必要になったのですが、私のカードではダメらしい…。
どうしよう…と思いましたが、500ユーロを預ければこの問題はクリアできることがわかり、それなら、と500ユーロを預けることに。

レンタルバイクは、5時間、1日、2日…というように借りる期間によって時間が決められていて、私たちは1日借りることに。
料金は30ユーロ。ヘルメット、保険、鍵などはすべて込み。
ヘルメットはSサイズからXXLくらいまであるようで、見た目でこれくらいかな、と判断したお店の人がそれぞれヘルメットを貸してくれます。
(夫は、アフロの頭が入らなかったらしく、一つ大きいヘルメットと交換してましたが…)
鍵は前と後ろのタイヤに付ける、きちんとしたものがあって、お店のお兄さんが丁寧に説明してくれます。

お店の閉店時間までには返すということにして、いよいよ出発です。

今日のメニューはGelato al cioccolato(チョコレートのジェラート)
定番のお味ながら、結構ビターで大人な仕上がりになりました。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。