07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.05.22 *Sat*

近所の人との付き合い

基本的に、食材などの買い物は夫が担当している我が家。
日用品はめったに買わないので、たいていの買い出しは夫がしてくれます。
私が買い物をするとしたら、夫から頼まれるお使い程度。牛乳買ってきて、とか、帰りにパン買ってきて、とか。
で、なぜか私がスーパーなんかに珍しく買い物に行くと、何かもらったり、声をかけられたりってのが多い。
別に、すごくフレンドリーなオーラを発しているわけでもないし、気軽にだれかとおしゃべりするタイプでもないのですが…。

昨日も、珍しくスーパーに一人で買い物に出たら、イギリス人のご婦人に話しかけられました。
「ここ、他の店と比べるとすごく高いのよ。この2.5ユーロのコーヒー豆なんて、他のところでは1.5ユーロだもの」
と声をかけられました。
だったら、この人なんでここ来たんだろう?と思いつつも、「あ、そうなんだ~。じゃあ買わない方がいいですね」とレジに向かう私。
本当は、コーヒー豆買いたかったんですが…。手に取るところだったんですが…。
まあすぐに必要なわけじゃないからいいけど…。

で、その婦人と一緒にレジにならんだわけですが、途中から隣のレジが空いたのでその婦人に教えつつ一緒に移動した私。
すると、
「あなたフィリピン人?」
と婦人。
私、ここイタリアに来て一発で日本人だと当ててもらったこと、もしかしたらないかもしれない…。
それでもたいていは中国人と間違えられるのですが(聞かれるんじゃなくて、すでに確定されてる。一度、道で「中国人~中国人~♪」と子どもに歌われた)、東南アジア系と間違えられることもまれにあります。
中国人とか韓国人とかと間違えられるのはもう慣れました。
でも、東南アジア系の人と間違えられるのはまだ慣れません。別にショックとか嬉しいとかということではなくて、間違えられるたび違う自分を発見するというか。
フィリピン人とか言われると「私って、そんなに顔濃いかな」とか(偏見です。フィリピンの方すみません)。
あと、インドネシア人とか、タイ人とかが多いですが、一度「インド人?」って言われた時は、意外すぎて逆に「何でそう思うの?」と質問し返してしまいました。

で、「いや、日本人だよ」と答えると、またありがち?な反応として、
「日本人?Che bello(素敵)!」
と驚きのリアクション。
Che belloってなんだ?違う国だったら違う反応なのか?と思わなくもないんですが、その後ありったけの自分の中の日本に関する知識をしゃべりまくる、ってのがパターンです。
料理のこととか(もちろん専門的な話題じゃなくて、この前日本料理屋行ってさ~、みたいな超個人的な話題)、知っている日本人の名前とか(いくら同じ日本人だって知ってるわけない)。
特に、この知ってる日本人の話ってのは、概して長く、こちらにとってはほとんど興味がない。
だって、知らない人の話を事細かに話されても、どうしていいかわからなくないですか?
しかも、そういう人って、今イタリアにいるわけじゃなくて、観光とかでちょっと立ち寄ったとか、1ヵ月留学してたとか、そういう話なんですよ…。今イタリアにいたって知り合う機会があるかどうかわからないのに、日本にいる1億分2000万の1の方の話をされても…。
少し前、道端で会ったおじさんから、わりと有名な日本のイタリアンレストランのシェフの名前が出てきたことがあったんですが、「ああ、聞いたことある」と適当に相槌を打っていたら、
「ナポリのミケーレがよろしく言ってたと伝えてくれ」
と言われました。
その人知ってるわけじゃないし!
「まだ…当分日本に帰らないから~」
と濁しておきましたが、日本だって広いんです。彼の言葉を伝えるためだけに何で私が~!?って思っちゃう心の狭い私…。第一、このおじさんのことだって知らないし。

それから、ルーマニアで日本人だと言ったら急に敬語になったという笑い話(?)を以前読んだことがあったんですが、同じことがここでもありました。
これは、夫の体験なんですが…
「Tu sei cinese?(君、中国人?)」
と(ちょっと)へらへら聞いてきた人が、日本人だと答えた次の瞬間、
「Lei, che lavoro fa?(あなたは何の仕事をしてらっしゃるんですか)」
と、態度が変わったことがあったそうです。

まあ日本人はまだまだ珍しいということなのかもしれませんが。

話が大きくそれて、しかも長くなりましたが、そのご婦人が、
「私の家、この近くなの。チョコレート工場が近所にあるんだけど、知ってる?」
と気さくに話しかけてくれ、知らないと答えると、
「すぐ近くだから案内してあげる」
連れて行かれました。連れて行ってもらいました。

「この方、日本人なのよ~。このあたりに住んでるの」
と紹介され、チョコレートを味見させてもらい…。
たくさん味見させてもらったので、少し悪いような気もして、一番おいしかったものを買って帰りました。
もしや、これが狙い!?とも思ったりしましたが、そのイギリス婦人に、
「私は、いつもこの近所で買い物してるの。あなたもそうしなさい。そうすれば、あなたは守られてるってことになるんだから」
と言われ、う~ん、確かにと思ってしまいました。

別れ際、その婦人が自分の家の前まで案内してくれ、ベルの位置を指して、
「私はいつも夜はいるから、いつでも訪ねてきて」
と言ってくれたのですが、私、こういうのって苦手で。
いつ、って決めてもらわないと、訪ねるのを躊躇してしまいます。
突然訪ねることに慣れていないし、その反対も慣れていないからだと思うのですが。
また、このご婦人に会うことはあるのだろうか…。
会うとしたら、今日会ったスーパーだと思うけど、高いと言ってたんだからもう来ないかもしれない…そんないろいろな思いが交錯する中、ご婦人の家を後にしました。

今日のメニューはLinguine con baccala'(バッカラのリングイネ)
バッカラ、魚の中でも登場率高し。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(9) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

>Kaoriさん
異国人同士の配慮、きっとすごくあると思います。それに、年齢的に見ても母の気分もあったのかも。
私も、とっても嬉しかったです。
外国人って、イタリアは少なくありませんが、コミュニティができている国とできていない国ってありますよね。例えば、中国人なんかは横のつながりがすごくあるけれど、日本人ってそれに比べると知り合い程度におさまってる。
たぶん、イギリス人もそうなのかもしれません。(っていうか、中国人くらいかな…)
病院に勤めているとのことだったので、ホスピタリティ精神にあふれている人なのかも。
2010/05/23(日) 14:46:18 | URL | Fumare #- [Edit
Fumare さん

アポなし訪問は、確かに誰でもOKとは言えませんよね。彼女もイギリス人ですから、多分そうだと思います。でも、その人がいいよと言ったということは、Fumare さんにとても親しみを感じたのではないでしょうか。異国の地の同士的なものか、あるいは母の気分とか…。だからこそ、わたしならとっても嬉しいです、そういうのって。

Kaori
2010/05/23(日) 13:45:24 | URL | Kaori #PMLavkZk [Edit
>siiliさん
私も、よくsiiliさんのブログでウンウンうなってますよ~!
アポなし訪問って、よほど気やすい関係でなければ、なかなかできないなあと思ってしまうんですよ…。あとは、相当近所とか。学生同士とか。
アポなし、って言いつつも、普通は一本くらい電話入れることが多そうだし。
私も、自分がされたら困ります。一度、同じクラスの子から突然訪問を受けて、居留守使ったことありますもん…(←最低)。

便座シートはですね、ホームセンターみたいなところで買ったんですが、フェルトみたいなのでできています。便座側はぺたぺたしてるので、張り付くようになっていて、すぐに取り外せるんですよ。
だから、お客様のあるときはとってます。
抗菌・防臭ってのに惹かれまして。洗えますよ。
今考えると、普通の便座カバーでもよかったかなと思うんですが、イタリアじゃほとんど見ないから変かな…って。
2010/05/23(日) 10:19:33 | URL | Fumare #- [Edit
>Kaoriさん
同意見です。きっと、すごく苦労したんだろうなあと思いました。
そのあたりのこと、聞きたい気持ちはいっぱいなんですが…いきなり訪問って慣れてなくて、いつ行ったらいいんだろう?とかいろいろ考え込んでしまいます…。
電話番号でも交換すればよかったなあと今になって思います。
でも、連れて行ってもらったチョコレート屋さんは、近いうちまた行こうと思ってます★
2010/05/23(日) 10:05:06 | URL | Fumare #- [Edit
何かわかるなあ、うんうんって感じで読んでました。「俺からよろしく言っといてくれ」は「はいはーい」って笑顔で答えて無視してますが!
後、私もイタリア式のアポなし訪問は苦手なんですよね。ま、友達の家には何度かした事、あるんですが…。でも基本的に苦手。これって絶対自分がそれをされたら(私は絶対に)嫌だからとは思うんだけど…。

あ、ところで、fumareさんの持っていった便座ってどんなのなんですか??
2010/05/23(日) 08:26:37 | URL | siili #3e7TFZUU [Edit
Fumare さん

イタリアは、コネと地元コミュニティどっぷりの社会なので、近所で買い物すれば守られるというアドバイスは、すごくイタリア!です。で、それを発したのが、イギリス人だというところが興味深いです。きっとその方、最初はいろいろ苦労されたんだと思います。わたしなら、きな粉の団子でも作って訪問しますね、きっと。

Kaori
2010/05/23(日) 07:58:03 | URL | Kaori #PMLavkZk [Edit
>Bonちゃん
ほんと、非公開になってますね~。でも、私はどうすることもできないみたい?
確かに、日本人ってことで入国や出国は楽ですね。滞在となると、あんまり変わらないですが…。
英語圏の方のイタリア語って、すごく聞き取りにくいんですよ…。だから結構話すのつらかったりして…。
2010/05/23(日) 00:25:20 | URL | Fumare #- [Edit
コレは「テスト送信」です。

あれれ?なんでやろ?1つ前の私のコメント、、非公開のつもりなかったのに、うっかり非公開になっちゃったようです。。非公開ではないですよ~笑
2010/05/22(土) 21:08:32 | URL | Bonちゃん #NODgJjk. [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/22(土) 21:02:17 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。