06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.11.11 *Thu*

救急病院

実は、最近Pronto soccorso(救急病院)のお世話になりました。
3日前ほど、授業が帰って夕方家に帰ってから、なんとなく足首に違和感を感じていました。
少し心配だったので、次の日はヒールのない靴を履いて出勤しました。
痛みはあったのですが、ひょこひょこ歩くのもおかしいので、なるべく目立たないように足をかばいながら歩いていました。
夜、家に着いて、座ってお茶でも飲みながら一息ついて、さて、と立ちあがったら、
ズキーン
と、痛みが…。

とりあえず、足の状態を見てみると、ちょっと熱くなっていて目立たないけれど少し腫れているような…?
いろいろと指で押してみて、どこが痛いのか確認してみると、アキレス腱あたりが特に痛いようでした。
初めての症状なので、ネットで調べてみると、アキレス腱の痛みには炎症や破損などがあるようですが、原因は運動のしすぎとか、普段運動していない人が突然スポーツをして発症するとのこと。
ここ最近、アパート探しで確かにちょっと歩いてはいますが、特筆するほどのことではなく、自分には当てはまりそうにもありません。
あえて原因があるとすれば、ちょっと足をひねったこと。
石畳のヨーロッパ、しかも道の状態が決していいとは言えないナポリですから、特にヒールのある靴では溝にはまることもしばしば。
私はヒールの靴は少ないのですが、3,4日前、ヒールのある靴(といっても3センチくらいですが)を履いていて、溝にはまってちょっと変な風に足をひねったのです。
そのときには全く問題なかったし、そういうことは実はしょっちゅうあったので、特に気にしていませんでした。

とにかく、しかたないので、その夜は筋肉痛を和らげるクリームのようなものを塗って寝ることに。
しかし…
あまりの痛さに目が覚めて、明け方4時くらいから眠れず…。
そのままでも痛い上に、ちょっとでも足に触れると激痛が。
どんな体勢になっても痛くてたまらないので、ついには夫を起こしてしまいました。

さて、夫を起こしては見たものの、こういう時どうしたらいいのか、どこへ行ったらいいか悩む私たち…。
一応、ホームドクターというのでしょうか、登録してあるお医者さんはいるのですが、おそらく内科のみ。
接骨院とか整形外科とか、とにかく外科系にはお世話になったことがないし…。
この時間じゃ、誰も起きてないし…。
ということで、思い出したのがPronto soccorso(救急病院)。日本なら、救急車で運ばれるところでしょうか。
でも、救急車を呼ぶっってのも、なんとなく躊躇してしまう私たち。
確かに歩けないけど、急病って言われるとそういうわけでもないし…。
幸い、いろいろとやっているうちにバスが運行する時間になっていたので、近くのバス停まで夫におぶってもらって病院へ。

実は、この救急病院、お世話になるのは2回目でして。
何度か来たことがあったので、勝手知ったる…でした。
さすがに早朝だけあって、病院はガラガラ。
おぶわれてる私を見て、
「お、急患だ、急患だ」
ってな感じで車椅子を持ってきてくれて、処置室へ連れて行ってもらいました。
「どうしたんだ」
と聞かれて症状を説明するも、あまりにもいろいろな人がいて口々に同じ質問をしてくるので、どの人がお医者さまなのかわかりません。
そうしているうちに、白衣を着た若い男のお医者さんが登場。
とりあえず、診察台で患部を診てもらい、診察書というんでしょうか、を書いてもらいました。
身分証明書を渡して先生がそれを記入し、薬の処方箋もメモしてくれたあと、私がサインして終了。
救急病院のいいところは、早くてタダなところ。

その後、またおぶわれている私を見て、病院の職員の人が、
「どこへ行くんだ?」
と声をかけてくれました。
方向が同じなら、もう上がりの時間なので車で乗せていってくれようとしたみたいです。
残念ながら反対方向だったのですが、こういうときにはナポリの人の優しさって胸にじんと染み渡ります…。

足のほうは、おそらくアキレス腱の炎症か何かだったようで(紙に書いてもらったのですが、手書きだったために読めませんでした…)、4,5日薬を飲んで氷で冷やして安静にしていれば大丈夫だと言われました。

今日のメニューはPasticcio di mozzarella e acciughe(モッツァレッラとアンチョビのオーブン焼き)
コレ、クレープみたいな感じなんですが、それとはまた違って、すごく美味しかったです。
アンチョビがちょっと生臭いですけど。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

>siiliさん
いまだに、プロントソッコルソをどこまで利用していいのか悩みます。
実は、私の夫も去年インフルエンザらしきものにかかりまして。
でも、その当時ペルメッソの申請ができていなかったので病院にも行けなかったのですよ。
で、イタリア人に相談したら、プロントソッコルソ行っちゃえば?って軽く言われました。
結局、知り合いのお医者さんに診てもらったので、プロントソッコルソのお世話にはならなかったんですけどね。
というか、幸運と言うべきか、まだ内科では病院に行ったこと、ないです。
行くの、こわいですし…。
2010/11/13(土) 01:42:51 | URL | Fumare #- [Edit
大丈夫ですか??プロントソッコルソと聞いて、もっと怖いこと想像しちゃいましたが、1週間程度で治るようで、よかったです。
fumareさんはどこの病院に行かれたのか分かりませんが、私はボメロのプロントソッコルソ、連れて行ってもらいましたよ。当時一緒に住んでた友達と2人で同時にものすごいインフルエンザにかかり。友達に電話して、車で来てもらって…。行ったら、インフルエンザでプロントソッコルソに来るな、プロントソッコルソは骨折ったりしたときに来るものだって言われて、そんなーって。
お大事に。
2010/11/12(金) 19:24:29 | URL | siili #3e7TFZUU [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。