05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.01.26 *Tue*

嬉しい給料日

今日は、お給料を受け取りに銀行へ行ってきました。
お給料は、銀行などの口座に振り込まれるのが普通なのですが、私はまだ銀行口座を作っている途中なので、銀行の窓口に取りに行きます。
というか、銀行口座を申請したのは確か11月下旬あたり。もう銀行口座、できてるんじゃないかと思うのですが…。
「口座ができたらご連絡します」と言われたのですが、1カ月たっても音沙汰なし。
そのあと、私もちょっとナポリを離れていたので、今の今までそのままになっていました。
年も明けたことだし、今週中にでも聞きに行こうかなーと思ってはいるのですが…。

とにかく、そんなこんなで銀行の窓口へ。
お給料の受け取りは、普通の窓口ではなくて専用の窓口へ行くのですが、そこで所属先を伝えると銀行員のおじさんがデータを調べてくれます。
身分証明を渡して、リストにある自分の名前と金額を確認してサイン。
お金は、おじさんが念入りに数えながら渡してくれます。

お給料を窓口で受け取るのは今日で2回目。
今日のお給料は1月分です。1月が終わってないのにお給料がもらえるなんて、なんか得した感じ。
でも、実は12月分のお給料をまだもらっていません。

私の場合、お給料はその月の25日以降にもらえることになっているのですが(1月分は1月25日以降)、12月分は年内にお給料を取りに行けませんでした。
年明けに窓口へ行ったところ、年が変わったのでなんか特別な処置が必要とのこと。
つまり、年内の取引(お給料)については年内にとりあえずいったん閉めてしまって、もしも受け取る人が年内に来ない場合は、もう一度勤務先が手続きをしなければならないということらしい。
なので、とりあえず担当者に聞いてみると、もらい損ねた12月分は1月末まで待たなきゃならないとのこと。
今回1月の給料のために銀行に来たわけですが、1月分は問題なく支払われたので、12月分も一緒にもらえるのかなと思っていたためちょっとがっかり。
銀行のおじさんいわく、12月分はまだリストにないとのこと。もらい損ねたとはいえ、ちょっと時間かかりすぎなのでは…。だって、1月分は出てるのにー…。
まあいいけど…、お給料の額、減ったりしないよね…??と不安になる私。

大金(ってほどじゃないけど)を持ってナポリの街は極力歩きたくないので、足早に自宅へ。
でも、給料が入ったので、何か買いたいような気もして、いつもよりもウィンドーショッピングに力が入ってしまうのでした。



■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。