05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.02.28 *Sun*

~ナポリで働くまで~④楽観的な違法劇

最近の日常生活と、手続き関係を交互に更新しています。

さて、不動産屋のボスに5日待て、と言われた私たちでしたが、もちろん5日きっかりに報告が来ることはありませんでした。
こういう時、どんどん催促の電話をした方がいいのか、おとなしく待った方がいいのか、かなり悩みました。
明日電話する、来週には答えが出る、と言われた期日、待っていても電話は一向に鳴らず、結局この問題が解決しなければ働き始めることもできない私は、無意味に時間がだけが過ぎて行くのに焦りを隠せませんでした。
電話をしても、直接行っても、結局は何も前に進んでいない状況を目の当たりにするだけでした。

そして、5日を大分過ぎてからではありますが、ある一つの答えが私たちの元へ届きました。
それは…書類の改竄。
38だった部屋の広さが、すべて45という数字に書き換えられていました。
これって、これって、もちろん法に反してますよね…。
これで本当にうまくいくものなのか、いやいやその前に、こんなことしていいの?
ただ、変更されていない書類もありました。
それは、部屋の図面。
そうです、役所の面々が重点的にチェックしていた図面です。
これは実際の部屋の間取りが縮図になっているもので、この図面を見ればどのくらいの広さがあるかもすべてわかってしまうもの。
いくら、数字を書きなおしたからと言っても、ここをチェックされれば、遅かれ早かれその違いは明らか。
とりあえずそのことを指摘すると、お決まりの一言。
「俺に一週間くれ」

こういうことって、頻繁に行われているものなのかわかりませんが、少なくとも彼らにとっては珍しいことではなさそうでした。
というのは、あとでわかったことなのですが、最初の書類の38という数字ですら、既に改竄されたものだったようなのです。
この頃になると、私たちも近所に住むおばさまたちと言葉を交わすことも多くなり、お互い部屋を行き来したり、いろいろプライベートな話もするようになっていました。
そこで、現在の状況について相談した時、
「彼ら(不動産屋)は、部屋を売るために(あるいは貸すために)数字をごまかしてるってこと、私はずっと前から知ってたよ」
と言われました。
「その部屋は、実際は30平方メートル…。でも、彼らが案内する時には40平方メートルと上乗せして言ってるの。間違ってるのかと思ってそれを指摘しようとしたら、彼らは言ってたよ。わかってることだって。わかっててそう言ってるんだって。彼らが稼ぐために」
それを聞いたら、もう彼らを完全に信じられなくなってしまいました。

彼らだって、最初からだまそうとしていたわけじゃないかもしれない…、今だって彼らなりに力を貸そうとしてくれてる…と、一生懸命良心的に考えても不安と不信感は膨れるばかり。

けれど、彼らのそういう一面を知っていながらも、近所のおばさまたちのアドバイスは、
「とりあえず、彼らに任せてみなさい。何とかするって言ってるんでしょ?」

それに、大家もそれ以降このことに関しては何も言ってこず、別件で連絡を取ることはあっても心配のかけらもなさそうな雰囲気。
そもそも、大家は最初の文書が改竄されていたことを知っているのだろうか…そして、今回また新たに改竄が加えられていることを…。
でもって、何でこんなことまで心配しているのだろう、私は…。

~ナポリで働くまで~⑤に続く…

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

>siiliさん
それなんですよね。日本は、最後はちゃんとできるって保証みたいなのが強いけど、イタリア保証ゼロ…。
どんどん厳しくなってますね、ほんと…。でも、そうかと思えば一斉にペルメッソを出すような法律が出たり。よくわからない…。
2010/03/01(月) 18:51:38 | URL | Fumare #- [Edit
内容は全然違うんですが、私もペルメッソの延長の際とか引越しのときとか、本当に苦労させられた経験があります。連絡すると言われてもそれがないと、本当にイライラしたり不安になったりしますよね。
でも昔に比べてかなり厳しくなってますね。
これが日本での手続きならまだ許せるんだけど…って思っちゃいますよね。日本じゃめんどくさい手続きでも、ちゃんとできますもの。
2010/03/01(月) 09:13:23 | URL | siili #3e7TFZUU [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。