07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>


--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2010.03.23 *Tue*

アマルフィへ

映画のタイトルにもなって、日本でも知名度が一気に上がったアマルフィ。
ただ、アマルフィはポジターノとともに宮本輝の小説の舞台になっているんですね。
私は昔、宮本輝が好きで彼の作品を読みあさっていたので、名前だけは知っていてずっと行ってみたいと思っていたのです。
映画の『アマルフィ~女神の報酬~』も観たのですが、あれって言っちゃなんですけど、なんで「アマルフィ」なんでしょう?
アマルフィが出てくるのって、全体から見ると実際とっても少ないんですよね。
むしろ、タイトルとしては『ローマ~ある男の復讐~』って感じではないですか?
まあ、そんなタイトルを付けたら、ネタばれかもしれませんけど…。(まだ観てなくてこれから観ようと思っていた方、すみません…)

とにかく、行ってきました、アマルフィ。
ナポリからはソレントまでヴェスヴィオ周遊鉄道で約1時間、ソレントからはバスで1時間半くらいだったでしょうか。(例によって前半寝ていた)
カプリで出会った日本人の人から、先日、ソレント―アマルフィ間で土砂崩れがあり、バスではアマルフィに行けなかった、と聞いていたのですが、この日は問題なく運行。
ところで、この日の券なのですが、私たちはナポリのヴェスヴィオ周遊鉄道切符売り場にて5ユーロちょいで一日券を購入。
購入の際、一応アマルフィまで使えるかどうか確認してから買ったのですが、ソレントから一緒になった日本人の人たちは6~7ユーロのunico costieraという一日周遊券を持っていたので、ちょっと不安に。
だって、ソレントよりもナポリの方が離れているのに、その方が安いって…大丈夫かなあ…。
なので、毎回運転手さんに、この券で大丈夫か確認していました。
あとから何か言われたり、突然検問が来て法外な罰金を請求されても嫌だし。
一度だけ、アマルフィへ行くバスの運転手さんに、
「residenzaがある人(要はちゃんとその地方に住んでる人)ならOK」
と言われました。
とりあえず、私は該当者なのでそう言いましたが、ちょっと疑いの目。
でも、最後まで誰にもチェックされるということはありませんでした。

さあ、それではソレント~アマルフィの景色(ただし後半)を順々に、惜しげなく、いやむしろ飽きるほど、紹介しちゃいます。

ad analfi2

この日も晴天で、太陽の恵みの光が。↓
ad amalfi1

ツボというか、焼きものが並んでますが、名産なのでしょうか。
そういえば、アマルフィの街中にも陶器のお店がありました。

ad amalfi3

ad amalfi4

こんな風に、海が見える道で、いくつもの突き出した崖をぐるぐる通過しました。
いい眺めの場所に差し掛かるたび、乗客のほとんどがカメラを構えていました。
私も負けじと何枚も撮ってしまいましたが、こうしてみると、それぞれが「みんな違ってみんないい」ですね。

ad amalfi5

そして、バスはアマルフィ中心へ向かいます。
amalfitana

次回はアマルフィ町探索です。

今日のメニューはCotolette frijenno magnanno(Frijenno magnanno風カツレツ)
私個人的に「カツレツ」って大好きで、ウィーンでもミラノでもとにかく「カツレツ」が有名な街に行くと必ず食べます。
そういえば、ミラノでカツレツ専門店にも行ったなあ…。おいしかった。
もちろん、日本のとんかつ屋さんも大好きです。

ブログランキング参加中!ワンクリックお願いします↓
TREview      にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
   

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview

スポンサーサイト
Permalink *  CM(4) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

COMMENT

>siiliさん
そうなんですよね。これまでは、ツアーの中にアマルフィってあんまり入ってなかったような気がしますが(自分は参加しないけどたまに気になって見たりする)、今は結構「アマルフィも行きます!」みたいなのが、ありますもんね。
メディアってすごいですよね。他にもいい街っていっぱいあるけど、紹介されてないだけで訪れる人がいなくて残念だなって思うところいっぱいあります。
2010/03/24(水) 13:52:16 | URL | Fumare #- [Edit
あの映画以来、アマルフィーに行くツアーが急増してるようです。それを見るにつけ、日本人って好きだよなあ、と…。

私はアマルフィーが日本で有名になる前に連れて行ってもらったんですよ。だからたんなるドライブって感じ。今から思うともったいなかったかなあ。
2010/03/24(水) 09:38:08 | URL | siili #3e7TFZUU [Edit
>Bonちゃん
私は、ブログでも書いた通り、アマルフィは小説を読んで知っていましたが、普通の人はどうなんでしょう?
当時は、やっぱりカプリとかが有名でアマルフィなんかは少し隠れ家的なイメージでしたが。
それが、今回のこの映画によって結構知名度が上がったんじゃないかと思ったんですが、違いますかね?あくまでも私の想像ですけれど。
実際、アマルフィに行く人を見ると日本人も多かったので、あの映画を観たのかなあ、と思ってしまったのでした。
2010/03/23(火) 19:30:42 | URL | Fumare #- [Edit
そっかぁ!その映画の影響なのかぁ!こないだ2月に私のホテルに大学卒業旅行の日本人が2組別々に宿泊しててんけど、なぜだか全員が「明日はアマルフィに日帰りで行く」って出かけててんけど、私は「なんでそんなに全員アマルフィなの?」って思ってた。それにしても、Fumareさんこれらの写真、本当にケータイで撮ったの?ってあまりのキレイ&鮮明さに関心してます。

カツレツ、おいしそー!
2010/03/23(火) 18:09:14 | URL | Bonちゃん #NODgJjk. [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

Fumare

Author:Fumare
ナポリで日本語を教えています。
イタリア生活も4年目。けれど、昨年秋にナポリに越して以来、未だにオドオドと暮らしております。
目標は、ナポリの町を我が物顔で闊歩すること。



ブログランキング参加中!ワンクリックお願いいたします↓
TREview



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (2)
ナポリ生活 (76)
イタリア映画 (12)
日本語教育 (15)
イタリア語 (1)
イタリア旅行 (34)
イタリア中部 (11)



コアラ時計


by Animal Clock



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © ナポリズム All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。